沿革

HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

1934年 近森小三郎が東洋鋼球製作所として創立、自転車用鋼球の生産販売を開始。
1936年 森居嘉一郎が合名会社東洋鋼球製作所を設立。
1939年 東洋鋼球製造株式会社に改組し、椿本説三初代社長に就任。
1941年 クロム鋼球の生産販売を開始。
1951年 JIS設定工場となる。
1954年 椿本鋼球製造会社に社名変更。
1958年 ナイロン、ステンレス、黄銅等特殊ボールの生産に入る。超硬合金球の生産販売を開始。
1959年 ボールねじの生産販売を開始。大阪地区店頭に株式公開。
1961年 東京証券取引所市場第二部、大阪証券取引所市場第二部に株式上場。
1968年 株式会社椿本精工に社名変更。
1969年 郡山工場完成稼動。ボールブッシュの販売を開始。
1970年 転造ボールねじ、転造ボールスプラインの生産販売を開始。
1973年 セラミック球の生産販売を開始。
1980年 ルクセンブルグ証券取引所に上場。
1981年 精密位置決めテーブルの生産販売を開始。
1982年 精密ボールウェイの生産販売を開始。
1983年 精密ボールスプラインの生産販売を開始。
1986年 在庫ボールねじ、セラミックボールねじ、中空ボールねじ、位置決めテーブルLPM型の生産販売を開始。
1988年 東京証券取引所市場第一部、大阪証券取引所市場第一部に株式上場。
1990年 米国フーバー社鋼球部門を買収。
1996年 株式会社中島製作所と合併し株式会社ツバキ・ナカシマとなる。
2002年 椿中島機械(太倉)有限公司を設立。
2003年 ポーランド・国営FLT社よりZET社を買収。
2006年 中国・重慶鋼球有限責任公司を買収。
2007年 TNNインベストメント株式会社の完全子会社となる株式交換により東京証券取引所、大阪証券取引所上場廃止。
2010年 台湾椿中島股份有限公司を設立。
Tsubaki Hoover India Pvt., Ltd.を設立。
2013年 シンガポールにTsubaki Nakashima Global Pte. Ltd.を設立。
イギリス・Spheric-Trafalgar Ltd.社 を買収。
タイ・Spheric-Trafalgar (Thailand) Ltd.社 を買収。
2015年 Tsubaki Nakashima Korea Co., Ltd.を設立。
東京証券取引所市場第一部に株式再上場。
2017年 米国NN社PBC事業部門を買収。
ページのトップへ